韓国語オンライン教室「K-TOP韓国語教室」をオープン※無料体験

【2022年版】韓国留学について徹底解説|語学堂と語学学校どちらが良い?

【2022年版】韓国留学について徹底解説|語学堂と語学学校どちらが良い?
目次

韓国留学の特徴

韓国留学の特徴

近年、K-POPや韓ドラの影響で「韓国留学へ行きたい方」が急増しています

では、韓国留学にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

韓国留学のメリット

  • 英語圏内の留学よりも費用を抑えられる
  • 語学だけでなくK-POP、ダンス、メイク留学なども充実している
  • 日本語に似た言語なので、覚えやすい
  • 韓国の文化に触れることができる

韓国留学は英語圏内への留学と比べて、そこまで安くありませんが、渡航費やビザ障壁が低いので、比較的費用を抑えて留学することができます。

また、韓国留学は語学だけでなく、K-POP、ダンス、メイクスキルなども身につけることができるプランがあります。

鬼澤龍平(22)

「韓国が好きでもっと言語や文化を学びたい」と言う方に、韓国留学はおすすめです。


韓国留学の種類

韓国留学の種類

韓国留学の種類には「語学留学」「ワーキングホリデー」「K-POP留学(ダンス留学)」「メイクなどのスキル留学」があります。

  1. 語学留学
  2. ワーキングホリデー
  3. K-POP留学(ダンス留学)
  4. メイクなどのスキル留学


よくある質問:韓国留学は、語学堂と語学学校のどちらが良い?

韓国留学(韓国語学習が目的の場合)する場合は、「語学学校への留学」or「語学堂への留学」のどちらかを選ぶことになります。

Q:大学が運営する語学堂と語学留学は何が違うの?

  • 「語学学校への留学」:民間が運営している韓国語の語学学校
  • 「語学堂への留学」:大学が運営している韓国語の語学学校

↓どの語学学校・語学堂が良いのか知りたい方↓

【徹底比較】韓国留学におすすめの語学学校(語学堂)3選|ソウル・釜山

関連記事:【徹底比較】韓国留学におすすめの語学学校(語学堂)3選|ソウル・釜山


韓国留学を世代別に解説

韓国留学と言っても、現在の立場(大学生なのか、社会人なのかなど)によって異なります。

弊サイトでは、それぞれの世代別に韓国留学に関する内容の記事を作成しましたので、ぜひ参考にしてみてください。


韓国留学におすすめの都市

韓国留学を考えている方は、下記の都市がおすすめです。

  1. ソウル
  2. 釜山
  3. 光州


韓国のワーキングホリデー

「ワーキングホリデーを活用して、韓国で働いてみたい。」

このようにお考えの方は、ぜひ下記の記事をご覧ください。


韓国留学にかかる費用

韓国留学にかかる費用

韓国留学で気になるのは「費用」だと思います。

弊社では、実際に韓国留学した方の実例をもとに韓国留学にかかる費用を計算しています。

期間総額費用相場
1ヶ月8万円〜25万円
3ヶ月25万円〜70万円
6ヶ月(半年)55万円〜140万円
1年80万円→260万円
韓国留学の費用|1ヶ月・3ヶ月・半年・1年の相場


韓国留学のビザはどうするの?

そもそもビザとは:自国以外に渡航し、滞在しても良いかどうかの証明書のようなものです

よくパスポートとの違いを聞かれるのですが、「パスポートは自国発行」「ビザは他国発行」です。

また、日本との関係性からパスポートのみで一定期間入国できる国もありますが、長期間の場合になるとパスポートのみでの入国は厳しいです。

つまり、韓国留学に限らず留学する=ビザを取得しなければいけないと考えておきましょう。

鬼澤龍平(22)

基本的には、留学する期間や目的によって選ぶビザが決まります。

韓国留学に必要なビザ

  1. C-3ビザ
    →90日以内の短期滞在者向けのビザ
  2. D-4ビザ
    →91日以上の長期滞在者向けのビザ
  3. D-2ビザ
    →大学・大学院・専門学校に入学する方向けビザ
  4. H-1ビザ
    →ワーキングホリデー

↓韓国留学のビザの詳細に興味がある方↓

【2022年版】韓国留学に必要なビザを徹底解説|種類・料金や申請手順も紹介

関連記事:【2022年版】韓国留学に必要なビザを徹底解説|種類・料金や申請手順も紹介


韓国留学の準備

韓国留学に行く前に、必ずやっておきたいことを解説していきます。


予防接種

1つ目は「予防接種」です。

2020年以降はコロナの予防接種も重要ですが、それ以外にも厚生労働省は下記の予防接種を推奨しています。


韓国留学での保険

韓国留学に行く際は、必ず保険に加入しましょう。

保険の種類

  1. 海外旅行保険
    →旅行だけでなく、留学でも使える保険です
  2. 日本の国民健康保険
    →日本の保険に加入したまま活用することができます。ただ、帰国後の払い戻しになるので、現地では全額負担になってしまいます
  3. 韓国の国民健康保険
    →日本同様に3割負担です。長期期間滞在する方はこの保険を活用することが多いです

↓韓国留学のビザの詳細に興味がある方↓

韓国留学に必須の保険を徹底解剖|種類や選び方、おすすめの会社まで解説

関連記事:韓国留学に必須の保険を徹底解剖|種類や選び方、おすすめの会社まで解説


韓国留学の奨学金

現在、情報を整理しています。


韓国留学におすすめのエージェント

韓国留学におすすめのエージェント

韓国留学する際は「エージェント手配」or「自分手配」のどちらかを選択することになります。

自分手配で韓国留学に行ってる方も多いので、ネットには自力で留学手配することも可能です。

「とはいえ、自分で手配するのは不安、、、」

このようにお考えの方は「韓国留学のエージェント」を活用しましょう。

↓韓国留学のエージェントに興味がある方↓

【徹底比較】韓国留学におすすめの人気エージェント11社を徹底解説|安い会社も紹介

関連記事:【徹底比較】韓国留学におすすめの人気エージェント11社を徹底解説|安い会社も紹介


韓国の留学プログラム

現在作成中です。

韓国留学の体験談

現在作成中です。

韓国留学に関するよくある質問


韓国留学の新着記事

オンライン×マンツーマン専門の「K-TOP韓国語教室」をオープン

「コスパ良く、自分が学びたい項目だけを学ぶ」

従来の韓国語教室では実現できない「コスパ」を追求しました。

オンライン完結なので、自宅にいながらネイティブの先生から韓国語を学ぶことができます。


\ K-TOP MEDIAに清き1票を /

K-TOP MEDIAはブログランキングに登録しています。

下記のバナーをクリックしてくれると、K-TOP MEDIAのランキングが上がるので、協力お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次