韓国語オンライン教室「K-TOP韓国語教室」をオープン※無料体験

【社会人向け】韓国留学の費用相場を徹底解説|メリットやデメリットも紹介

【社会人向け】韓国留学の費用相場を徹底解説|メリットやデメリットも紹介

「韓国留学は社会人でもできるのかな・・・」
「韓国留学をするメリットやデメリットを紹介人向けに解説してほしい・・・」

このような方に向けて、「【社会人向け】韓国留学の費用相場を徹底解説|メリットやデメリット」を徹底解説していきます。

奥中ゆう

実際に韓国留学を経験した実体験も交えているので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事が提供する価値

  • 社会人が韓国留学に行く時にかかる費用相場
  • 社会人から韓国留学するデメリット
  • 社会人から韓国留学するメリット
  • 社会人が韓国留学する手順
目次

社会人が韓国留学に行く時にかかる費用相場

社会人が韓国へ留学する場合、

  • 大学付属の語学堂で学ぶのか
  • 民間の韓国語スクールへ通うのかによって、

費用に大きな差がでます

奥中ゆう

また、短期留学・長期留学かによっても費用が異なるため、予算に合わせた選択をしましょう。

社会人留学で必要な費用の目安を以下の表にまとめました。

期間語学堂の場合民間スクールの場合
1週間~3週間8万~20万円ほど1回3000円~×授業回数
1ヵ月プランなし※16万~15万円ほど※2
3ヵ月23万~60万円ほど10万~20万ほど
社会人が韓国留学に行く時にかかる費用相場

※1、語学堂では1週間~3週間の短期留学の他に、3ヵ月(1セッション)の留学プランがあります。
※2、民間のスクールの場合は、週1~2回の授業である場合が多いです。

短期留学よりも3ヵ月プランで留学する方がコスパ的にはお得です。

社会人留学であれば、ライフスタイルに合わせた留学もいいかもしれません。


社会人から韓国留学するデメリット

韓国留学といえば、学生を想像される方が多いのではないでしょうか。

実は、大学生だけでなく、社会人になってから韓国留学する方は多いんです。
仕事を退職してスキルアップのために韓国留学する方も珍しくありません。

奥中ゆう

しかし、学生の韓国留学とは異なり、社会人の韓国留学にはさまざまなデメリットが存在します。

この章では、どのような点がデメリットになるのか、詳しく解説していきます。


仕事を辞める必要がある

社会人が韓国留学をするデメリットとして、一番大きいのは仕事を辞める必要があることではないでしょうか。

勤続年数が長いほど、これまで積み重ねてきたものを手放す訳ですから、相当な覚悟が必要です。

奥中ゆう

退職せずに留学する短期留学のプランもありますが、職場の長期休みと募集されている期間のタイミングが合うとは限りません。


帰国後に希望の職に就けないことがある

韓国留学期間が長いほど、次の仕事までにブランクができてしまいます。

年齢や職種によっては希望の職につけいないこともあります。

また、留学生活が長いと日本での生活に違和感を覚えることもあります。

韓国語を活かした職に就く場合は、留学の経験を活かせるでしょう。


周りからの視線が痛い

社会人になってから韓国留学する人に対して、周りの人が理解してくれないこともあります

職場の上司や先輩から応援の言葉をもらえなかったり、「英語ならまだしも、韓国語?」なんて厳しい意見を浴びることもあるでしょう。

しかし、韓国語留学をする目的を明確にしてハッキリと意思表示することで、想いが伝わり応援してくれるようになるケースもあります。


若い層に馴染めないことも

社会人留学のデメリットに、若い層と馴染めずに楽しい生活を送れないという点もあるでしょう。

奥中ゆう

現役大学生くらいの年齢で来ている子が多く、話についていけなかったり、好みの食べ物や興味・関心がズレていたりすることが多いです。

一人だけ年齢が離れていると疎外感を覚えることもあり、人によっては楽しくないと感じることもあるでしょう。


留学中の生活に後悔することも

ソウルや釜山など、都心部への留学では同じクラスに日本人がたくさんいます。なんだかんだ日本人と仲良くなって、韓国語が上達しないまま帰国するケースも多いでしょう。

「仕事を辞めてまで行ったのに」「職場にお願いして長期休暇をもらったのに」と留学中の生活に後悔する方も多いようです。


社会人から韓国留学するメリット

デメリットが多いように感じる社会人韓国留学ですが、社会人から韓国留学するからこそ感じれるメリットも存在します。


ある程度お金に余裕がある

社会人留学のメリットに、お金に余裕があることが挙げられるでしょう。勤務時代の貯金がある状態で行けるので、渡韓後もお金の心配が少ないケースが多いです。

奥中ゆう

また、学生のころのように派手に遊ぶことも少なくなっているので、お金の管理をきちんとしながら生活できる人が多いように感じます。


そのまま就職できる

韓国留学中にバイトや就職活動を行うことで、前職の経験を活かした職場に就職できる可能性があります。専門的な分野であればあるほど就職しやすいでしょう。

学生の短期韓国留学のように一度帰国してから日本の大学を卒業する必要もないので、留学ビザから就労ビザへ切り替え(条件あり)、そのまま韓国に住むことも可能です。


社会人でもスムーズに勉強できる

韓国語は、大人になっても比較的習得しやすい言語と言われています。外国語取得に苦手意識のある社会人でも、似た言葉も多い韓国語であればスムーズに学べるでしょう。

また、韓国語を通して人脈が広がることもあります。前職と同じ業界の人と知り合うケースも多いようです。


社会人が韓国留学する手順

社会人が韓国へ留学する場合は、すべて自分で行うかエージェントを通して申請する必要があります。

留学する手順は、以下の通りです。

  1. 留学先を決める
  2. 会社に報告
  3. 留学手続きのための書類集め(卒業証明書など)
  4. 留学ビザの申請(必要であれば)
  5. 市役所で各種手続き(健康保険や年金、転出届など)
  6. 携帯やサブスクなどの手続き(契約・解除)
  7. 持っていく物の整理
  8. 渡韓

留学エージェントを通して申請する場合は、必要な書類などの案内があるため、準備がスムーズに進みます。


まとめ

ここまでで「【社会人向け】韓国留学の費用相場を徹底解説|メリットやデメリットも紹介」の解説は以上です。

奥中ゆう

本記事は以上です。
最後までご覧くださりありがとうございました。

↓韓国留学に興味がある方↓

【2022年版】韓国留学について徹底解説|語学堂と語学学校どちらが良い?
韓国留学

関連記事:【2022年版】韓国留学について徹底解説|語学堂と語学学校どちらが良い?

オンライン×マンツーマン専門の「K-TOP韓国語教室」をオープン

「コスパ良く、自分が学びたい項目だけを学ぶ」

従来の韓国語教室では実現できない「コスパ」を追求しました。

オンライン完結なので、自宅にいながらネイティブの先生から韓国語を学ぶことができます。


\ K-TOP MEDIAに清き1票を /

K-TOP MEDIAはブログランキングに登録しています。

下記のバナーをクリックしてくれると、K-TOP MEDIAのランキングが上がるので、協力お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次