おすすめの韓国語教室はこちら

【韓国語】「팬사(ペンサ)」とは?意味や使い方、例文を紹介

【韓国語】「팬사(ペンサ)」とは?意味や使い方、例文を紹介
鬼澤龍平

本記事では、【韓国語】「팬사(ペンサ)」とは?意味や使い方、例文を徹底解説しています。

この記事が提供する価値

  • 韓国語「팬사(ペンサ)」の意味とは「ファンサイン会」
  • 「팬사(ペンサ)」を行う韓国アイドル
  • 韓国語「팬사(ペンサ)」を使った例文
おすすめの韓国語オンラインレッスン教室
スクロールできます
おすすめの教室

公式サイト

韓国語学習で最も人気のある教室で
1レッスン550円から始められる点が魅力です。

>>無料体験レッスンを予約する

公式サイト

コリアンカレッジは、サポート体制が充実している
韓国語マンツーマンレッスン教室です。

>>無料カウンセリングはこちら

公式サイト

Berlitzは大手の語学教室で、
安心と実績を求める方におすすめです。

>>無料オンライン体験会はこちら

日本からでは、視聴できない韓国のエンタメコンテンツ(ドラマ、映画、K-POP番組、お笑い番組など)を視聴する方法をまとめてみました。

【韓国ドラマ・K-POPオタク必見】韓国エンタメの完全ガイド

目次

韓国語「팬사(ペンサ)」の意味とは「ファンサイン会」

韓国語「팬사(ペンサ)」の意味とは「ファンサイン会」
韓国語「팬사(ペンサ)」の意味とは「ファンサイン会」

韓国語「팬사(ペンサ)」の意味とは「ファンサイン会」になります。

書き方팬사
読み方ペンサ
意味ファンサイン会
韓国語「팬사(ペンサ)」の意味とは「ファンサイン会」

「팬사(ペンサ)」は、ファンを意味する「팬」と、サイン会を意味する「사인회(サインフェ)」を省略した単語です。

発音の注意点:日本人はファンと発音しますが、韓国人はペンと発音する点に注意が必要です。


「팬사(ペンサ)」を行う韓国アイドル

基本的に、韓国アイドルはペンサを行っています。

今回は特に人気の高いアイドル2選に絞って紹介していきます。

BTS

言わずと知れた世界のトップアイドルBTSもペンサを行っていました。

BTS関連の記事


Twice

日本でも人気のあるTWICEもペンサを行っております。

TWICE関連の記事


韓国語「팬사(ペンサ)」を使った例文

最後に、韓国語「팬사(ペンサ)」を使った例文をいくつか紹介していきます。

보고싶었어요
ポゴシポッソヨ
会いたかったです。

関連記事:韓国語で「会いたい」はなんて言う?|若者言葉やアイドルに可愛く伝える方法も紹介

항상 응원하고 있어요
ハンサン ウンウォナゴ イッソヨ
いつも応援しています。

関連記事:「応援」を意味する韓国語「응원ウンウォン」|「日本から応援しています」

너무 멋있어요
ノム モシッソヨ
とってもかっこいいです

関連記事:「かっこいい」を意味する韓国語フレーズ・単語|好きなアイドルへ伝えよう

너무 예뻐요
ノム イェッポヨ
とっても可愛いです。

関連記事:「かわいい」を意味する韓国語フレーズ・単語を紹介|注意点や使い分け


まとめ

韓国語「팬사(ペンサ)」の意味とは「ファンサイン会」
韓国語「팬사(ペンサ)」の意味とは「ファンサイン会」

ここまでで「【韓国語】「팬사(ペンサ)」とは?意味や使い方、例文」の解説は以上です。

書き方팬사
読み方ペンサ
意味ファンサイン会
韓国語「팬사(ペンサ)」の意味とは「ファンサイン会」
鬼澤龍平

本記事は以上です。
ペンサ以外に使えるK-POP用語に興味がある方は下記の記事をご覧ください。

ハングルマッチ
今だけ無料チケット配布中

ハングルマッチ

3つの特徴

  • 月額4,000円のマンツーマンレッスン
  • 従来の教室よりもはるかに学べる仕組みづくり
  • 好きな場所、好きな時間、好きな先生と韓国語が学べる

\今だけ無料体験レッスン実施中/

立つ情報
※クリックすると、別ページへ推移します

韓国語の教科書|ここから始めるハングル完全ガイド
韓国旅行の完全ガイド

自由な時間・自由な場所で韓国語を学習したい

このような方は、ぜひ韓国語のオンラインスクールを活用してみてください。

下記の記事におすすめの教室をまとめておきましたので、ぜひご覧ください。

【韓国語】「팬사(ペンサ)」とは?意味や使い方、例文を紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事の編集者

鬼澤龍平のアバター 鬼澤龍平 サイト運営者

韓国ドラマから韓国にどハマりした23歳。
そこから韓国語の勉強を始めて、韓国情報メディア「K-TOP MEDIA」を運営開始

目次