おすすめの韓国語教室はこちら

「私の」を意味する韓国語「제チェ・내ネ・저의チョエ・나의ナエ」

「私の」を意味する韓国語「제チェ・내ネ・저의チョエ・나의ナエ」
鬼澤龍平

本記事では、「私の」を意味する韓国語「제チェ・내ネ・저의チョエ・나의ナエ」について徹底解説しています。

この記事が提供する価値

  • 「私の」を意味する韓国語は全部で4種類
  • 「私の」を意味する韓国語を使った例文
おすすめの韓国語オンラインレッスン教室
スクロールできます
おすすめの教室

公式サイト

韓国語学習で最も人気のある教室で
1レッスン550円から始められる点が魅力です。

>>無料体験レッスンを予約する

公式サイト

コリアンカレッジは、サポート体制が充実している
韓国語マンツーマンレッスン教室です。

>>無料カウンセリングはこちら

公式サイト

Berlitzは大手の語学教室で、
安心と実績を求める方におすすめです。

>>無料オンライン体験会はこちら

日本からでは、視聴できない韓国のエンタメコンテンツ(ドラマ、映画、K-POP番組、お笑い番組など)を視聴する方法をまとめてみました。

【韓国ドラマ・K-POPオタク必見】韓国エンタメの完全ガイド

目次

「私の」を意味する韓国語は全部で4種類

「私の」を意味する韓国語は全部で4種類

「私の」を意味する韓国語は全部で4種類あります。

韓国語意味

チェ
私の

私の
저의
チョエ
私の
나의
ナエ
私の
「私の」を意味する韓国語は全部で4種類

覚える際は「제チェ・내ネ」と「저의チョエ・나의ナエ」を分けて覚えましょう。


「私の」を意味する韓国語「제チェ・내ネ」

「私の」と韓国語で言う際は、多くの方が「제チェ・내ネ」を使います。

鬼澤龍平

2つの違いは「丁寧度合い」です
「내ネ」よりも「제チェ」の方が丁寧な表現です。

日本語にすると、韓国語「제チェ」は「わたくしのもの」になります。

韓国語意味
제 거
チェッコ
私のもの
내 볼펜
ネ ボルペン
私のボールペン
「私の」を意味する韓国語「제チェ・내ネ」


「私の」を意味する韓国語「저의チョエ・나의ナエ」

「私の」という際は「제チェ・내ネ」以外にも、「私」を意味する韓国語「저・나」+「の」を意味する韓国語「의」を組み合わせた単語もあります。

鬼澤龍平

2つの違いは先ほどと同じ丁寧度合いです。
韓国語「나의ナエ」よりも「저의チョエ」の方が丁寧な表現です。

韓国語意味
저의 회사
チョエ フェサ
私の会社
나의
ナエチブ
私の家
「私の」を意味する韓国語「저의チョエ・나의ナエ」


「私の」を意味する韓国語を使った例文

最後に、「私の」を意味する韓国語を使った例文をいくつか紹介していきます。

저(나)의 이름은 류헤이 입니다
チョ(ナ)エ イルムン リュヘイ イムニダ
私の名前は龍平です

関連記事:「私の名前は」を韓国語で言う自己紹介フレーズをマスターしよう

제(내) 친구예요.
チェ(ネ) チングエヨ
私の友達です。

「私の」という際に「우리」を使って「우리 친구」ということもあります。

関連記事:「友達」を意味する韓国語「친구(チング)」|それ以外の意味にも使えます

내꺼야.
ネッコヤ
私のものだよ。


まとめ

「私の」を意味する韓国語は全部で4種類

ここまでで「「私の」を意味する韓国語「제チェ・내ネ・저의チョエ・나의ナエ」」の解説は以上です。

韓国語意味

チェ
私の

私の
저의
チョエ
私の
나의
ナエ
私の
「私の」を意味する韓国語は全部で4種類
鬼澤龍平

本記事は以上です。
「私の」を意味する韓国語以外に興味がある方は下記の記事をご覧ください。

関連記事

ハングルマッチ
今だけ無料チケット配布中

ハングルマッチ

3つの特徴

  • 月額4,000円のマンツーマンレッスン
  • 従来の教室よりもはるかに学べる仕組みづくり
  • 好きな場所、好きな時間、好きな先生と韓国語が学べる

\今だけ無料体験レッスン実施中/

立つ情報
※クリックすると、別ページへ推移します

韓国語の教科書|ここから始めるハングル完全ガイド
韓国旅行の完全ガイド

自由な時間・自由な場所で韓国語を学習したい

このような方は、ぜひ韓国語のオンラインスクールを活用してみてください。

下記の記事におすすめの教室をまとめておきましたので、ぜひご覧ください。

「私の」を意味する韓国語「제チェ・내ネ・저의チョエ・나의ナエ」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事の編集者

鬼澤龍平のアバター 鬼澤龍平 サイト運営者

韓国ドラマから韓国にどハマりした23歳。
そこから韓国語の勉強を始めて、韓国情報メディア「K-TOP MEDIA」を運営開始

目次