1,000円から始める「K-TOP韓国語教室」※無料体験

韓国気候の特徴・季節毎の服装・平均気温を徹底解説

韓国気候の特徴・季節毎の服装・平均気温を徹底解説
鬼澤龍平

本記事では、韓国気候の特徴・季節毎の服装・平均気温を徹底解説しています。

この記事が提供する価値

  • 韓国気候の特徴
  • 韓国の平均気温|日本と比較してみた
  • 韓国の季節と服装
宣伝:韓国語教室をオープン

先日、K-TOP Mediaを運営する私が「K-TOP韓国語教室」をオープンさせました。

コンセプトは趣味を追求する韓国語教室です。

オンラインマンツーマンレッスンが1,000円から学べるので、費用を抑えて韓国語を学びたい方におすすめです。

鬼澤龍平

無料体験レッスンも実施しているので、興味がある方は一度体験レッスンを受講してみてください。

目次

韓国気候の特徴

韓国は、日本と同じように四季がある冷温気候に該当します。

日本ほど湿度は高くないですが、夏は高温多雨、冬は非常に寒く降水量は少ないという特徴を持っています。

鬼澤龍平

簡単に言うと、夏は日本と変わらない、冬は日本より寒い気候になります。

豆知識:韓国は大陸上側(ロシアやモンゴルなど)の冷たい空気が直接流れ込んでくるため、非常に寒くなります。日本は対馬海流という暖流が流れる日本海の上を通るので、冷たい空気が変質するので、韓国ほど寒くはならないのです。

ただ、韓国も日本と同じように北側と南側で気温が異なります。

日本でも北海道と沖縄の気温や気候が違うように韓国でも同様のことが起きています。


韓国の季節と服装

春(3月〜5月)

韓国の春は日本と非常に似ています。

ただ、肌寒いシーズンですので、旅行に行く際はセーターやコート、ダウンジャケットなどの重ね着を準備しておきましょう。


夏(6月〜9月)

韓国の夏は日本の夏と同じくらいの気温になります。

ただ、湿度が日本よりは低いので、少しだけ過ごしやすいです。

と言っても40度近い気温になることもあるので、体感的には日本とそこまで変わりません。


秋(9月〜11月)

韓国の秋は昼夜の気温差が非常に激しいです。

また、雨や台風が多いシーズンですので、旅行に行く際は前もって天候を確認しておきましょう。

夜は非常に寒いので、外食する際は必ず羽織るものを持っていきましょう。


冬(12月〜3月)

韓国の冬はシベリアの寒波の影響で、非常に寒いです。

冬に関しては、日本の北海道に近い寒さになります。

韓国旅行に行く際は、必ず防寒着をしっかりしていくようにしましょう。


【過去5年間の平均】韓国の平均気温と日本を比較してみた

韓国はソウル、日本は東京で比較してみました。

韓国と日本の最高気温の比較

ソウルの最高気温東京の最高気温
1月10度17度
2月14度19度
3月20 度22度
4月26度26度
5月30度30度
6月33度31度
7月35度36度
8月35度35度
9月30度33度
10月27度29度
11月20度23度
12月11度19度
ソウルの最低気温東京の最低気温
1月-13度-1度
2月-11度-1度
3月-3度1度
4月2度4度
5月8度9度
6月14度15度
7月19度18度
8月18度19度
9月13度15度
10月2度9度
11月-4度3度
12月-13度0度


まとめ

韓国気候の特徴・季節毎の服装・平均気温を徹底解説

ここまでで「韓国気候の特徴・季節毎の服装・平均気温」の解説は以上です。

最後までご覧くださりありがとうございました。

鬼澤龍平

韓国の文化に興味がある方は下記の記事をご覧ください。


オンライン×マンツーマン専門の「K-TOP韓国語教室」をオープン

「悩んでいる所だけ教えてほしい・・・」

このような方に向けて、K-TOP 韓国語教室では通常のスクール型だけではなく、単発型のレッスンを提供しています。

K-TOP 韓国語教室の単発型

  1. 受けたい授業レッスンをピンポイントで学習できる
  2. 通常のスクールとは違い、すでに理解している授業を学ぶ必要はない
  3. オンラインマンツーマンレッスンがたったの1,000円で受けられる

従来の韓国語教室では実現できない「コスパ」を追求しました。

オンライン完結なので、自宅にいながらネイティブの先生から韓国語を学ぶことができます。

鬼澤龍平

興味がある方は下記のボタンから教室概要をチェックしてみてください。

無料体験を実施していますので、そちらに申し込みしたい方は下記のボタンからどうぞ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次