韓国語オンライン教室「K-TOP韓国語教室」をオープン※無料体験

【日韓戦野球】日本と韓国の通算対戦成績まとめ

【日韓戦野球】日本と韓国の通算対戦成績まとめ
鬼澤龍平(22)

本記事では、【日韓戦野球】日本と韓国の通算対戦成績まとめを徹底解説しています。

この記事が提供する価値

  • 日本と韓国は永遠のライバル?
  • 日本と韓国の通算成績まとめ
目次

日本と韓国は永遠のライバル?

日韓戦が行われる際、各メディアは”ライバル”や”宿敵”という言葉を多用しています。

これは、日本だけでなく、韓国でもこのように扱われています。

理由は、色々ありますが「歴史的・文化的の距離感」「顔立ちが似ている」などが考えられています。

また、日韓の野球レベルにそこまで差がないことも、盛り上がる要因だと考えられています。


日本と韓国の通算成績まとめ

野球における日韓戦の成績は「17試合中10勝7敗」と日本の勝ちが多い状況になっています。

日韓戦の歴史

年号大会名結果
2003年アテネオリンピック・予選 第1R予選 第1R 2-3×
〃〃〃〃第2R1-2×
〃〃〃〃決勝2-0◯
2006年 WBC 準決勝 6-0
2007年北京オリンピック 予選 3-5×
〃〃〃〃決勝L4-3◯
2008年北京オリンピック第1R0-1×
〃〃〃〃第1R14-2◯
〃〃〃〃第2R6-2◯
〃〃〃〃第2R1-4×
〃〃〃〃準決勝2-6×
2009WBC予選R5-0◯
〃〃〃〃決勝 5-3◯
2015年プレミア12予選R10-8◯
〃〃準決勝3-4×
2019年プレミア12決勝 5-3◯
2021年東京オリンピック準決勝 5-2◯
日本と韓国の通算成績まとめ


2006年日韓戦野球の名場面|イチロー選手の激怒

イチロー選手は、マウンド上に国旗を刺しことやその他の理由で、激怒しています。

この試合後の会見で「屈辱的な日」とイチロー選手は述べています。

鬼澤龍平(22)

2006年の日韓戦野球は「イチロー選手の逆転タイムリーヒット」「ダルビッシュ選手の曲がりすぎたスライダー」なども名場面として挙げられます。


2015年日韓戦野球の名場面|大谷選手の無双状態

この年の大谷選手は投手で圧巻の成績を収めて、本大会に挑みました。

結果的に、この大会大谷選手は無双の状態で大会を終えています。


まとめ

ここまでで「【日韓戦野球】日本と韓国の通算対戦成績まとめ」の解説は以上です。

鬼澤龍平(22)

日韓戦は予想以上に楽しい試合展開になることが多いので、次の大会もぜひチェックしてみてください。

人気の記事

↓ K-TOP MEDIAのコラム記事を読みたい方 ↓

オンライン×マンツーマン専門の「K-TOP韓国語教室」をオープン

「コスパ良く、自分が学びたい項目だけを学ぶ」

従来の韓国語教室では実現できない「コスパ」を追求しました。

オンライン完結なので、自宅にいながらネイティブの先生から韓国語を学ぶことができます。


\ K-TOP MEDIAに清き1票を /

K-TOP MEDIAはブログランキングに登録しています。

下記のバナーをクリックしてくれると、K-TOP MEDIAのランキングが上がるので、協力お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次